読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7/6 TOSお疲れ様でした

お疲れ様でしたというのが大変遅くなってしまった感はありますが、トプステ、お疲れ様でした。

東京での初めてのサークル参加だったんですけど、たくさんの方に足を運んでいただいて……すごい……感動です。新刊も完売してしまって……完全に読み間違ったなって感じはあります。

あと案の定誤字脱字見つかりました。表紙を描いてくださった九郎さんにも確認していただいたのに見つかるんだからどんだけ誤字すりゃ気がすむのか、という話です。

さて、ここくらいだともう誰も見てないというか決まった人しか見てないと思うので新刊達の話でもしてしまおうかと思うんですけど。

まず一冊目「1/50000」。

そもそもこれなんて読むのかという質問ですよ。5万分の1です。言えないことがごまんとある分の1です。秘密多き男の受けが好きっていうか二階堂って隠れヤンデレ?メンヘラだよな。という感じ。そんなに重く受け止めなくていい話ですね。世界線的には既刊の「さいはて」と同じ時空ですが、パラレルワールド的な。あんな幸せかみしめちゃったら些細なことでもなくしたいよねっていうあれです。わかって。

この話の十くんは二階堂の行動に気づいているのか気づいていないのか。気づいているととって読んでもらっても、何にも気づいていないととって読んでもらっても楽しめるようにしたつもりだけど、あんまりそんな片鱗はありませんね。

二冊目「the cage」。セックスピストルズパロです。

セクピスパロはハマった当初からやりたかったネタの一つなので今回コピー本としてですけど一冊出せて嬉しいです。ジャガーの十くんと翼手の二階堂。幸せになれ〜〜って気持ちで書きました。世代が世代ですのでやっぱりセクピスパロをしてしまう。オメガバースも好きですが、あれは体の関係ありきって感じなのが少し寂しいかな、と。ひねくれているのでαとβにしちゃうしね。結局運命的には結ばれない龍ヤマを書くくらいならセクピスで幸せになってほしいという心境。

これは単純にかけてよかったな〜〜てか私が楽しかったな〜って話でした。誰かの心に響けばいいけど。

三冊目「背中の羽根を隠して」。たまいおです。

あ〜〜〜〜楽しかったプールと日焼け止めとたまいお。これは3月だしたお花見と同じ時空です。あはは。お花見は付き合う未満?プールは付き合ってるって感じです。この二人の恋人としての成長に期待。10月には焼き芋とか紅葉狩りとかで秋のたまいおかければいいなって思ってます。春夏秋冬たまいおシリーズ。のこすところ、あと二つ。

四冊目「体内に射精すよ!十くんっ!!」。モブつな。

完全に趣味でした〜〜〜〜!!!!無配だったのでサイトに公開もしました。

文字書きとして一番やってはいけないことをした気ではいるんですけど、アイドルの十くんを保つにはあの方法が一番だったというかやっぱりみんなの十くんの片鱗を誰かと共有しつつ自分の十くん像を建設してるモブがいいよね。いや、私だよ。うん。

一人称視点くsっそ難しかったです。しんどかった………もうしばらく書かなくていいです。てか十くんがわかんなくなってきた。

 

長々と書きましたが大して面白くもないな。なにはともあれお疲れさまでした。

また宜しくお願いします。